« トラックバック | トップページ | 卓球練習 »

2005年3月 5日 (土)

正しいトラックバック

昨日ココログマガジンメールを開いて読んでみた。もう1日早くこれ
欲しかったな~!
訳はお雛様のコメントを読むと解ります^^;
このトラックバック多分私だけでは無く,ココログを始めて浅い人は
理解していない人、多いように感じる。
他のページでトラックバック先を見てみたけど、相手先のリンクが
無い事の方が多かった。
たまたま私が覗いたページがそうだったのか???
そこでココログマガジンメールのマナーを,そのまま引用で載せて
見ました。
えっ!皆さんはとっくに理解出来てるって言う?
理解してないのは私だけ?いえいえ。。。
私ももう大丈夫だっ~(^。^)
一番下のお返しトラックバックはただのごみリンク。。
う~んごみリンクにならないよう,気を付けよう。
……………………………………………
 トラックバックのマナーについて
……………………………………………
ブログが日本に普及され始めてから1年強。そろそろ、トラックバック
についてのマナーが確立されてきた感があります。

トラックバックとは、他の記事から、自分の記事へのリンクを
貼る機能です。
リンクを貼られた元記事からは、「トラックバック一覧」として、
あなたのブログ記事へのリンクが貼られます。

「正しい使い方」をすれば、事同士が意味で繋がっていき、
より深いテキストを構築することができます。これは記事Aの
作者にも意味があることだし、記事Aを参考にして書いた
他記事にも意味があることですね。
しかし、「間違った使い方」をすれば、記事Aの作者にとっても、
その読者にとっても、そしてインターネット全体にとっても
不愉快な自体が発生してしまいます。

「正しい使い方」とは、自分が記事Aに関連した記事を
書いたときにだけ、記事Aに対してトラックバックを打ち、
なおかつ自分の記事の中で、記事Aについてのリンクを貼る、
という使い方です(よく勘違いする人がいますが、
トラックバックを打っただけでは、自分の記事から記事Aへは
リンクは貼られませんので、必ず記事中に自分で記事Aへの
リンクを貼ってください)。
「間違った使い方」とはその逆、全く関連のない記事に対して
トラックバックを打ち、なおかつ自分の記事の中で一切
記事Aについて触れないことです。

「間違った使い方」は、一般的に「トラックバックスパム」と呼ばれ、
「自分のブログへのアクセス数を増やすため」という意識から
生まれます。しかしスパムを打っていると、その内に嫌われて、
かえってアクセス数を減らしてしまうので、やめましょうね。
また、「トラックバックをもらったから、お返しにトラックバックをあげる」
といった、通称「お返しトラックバック」も、ただのゴミリンク
になってしまう可能性もあるので、時と場合を考えて打ちましょう。

|

« トラックバック | トップページ | 卓球練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74517/3180429

この記事へのトラックバック一覧です: 正しいトラックバック:

« トラックバック | トップページ | 卓球練習 »